◆続きゆく 「衆愚政治」 〈36〉 ◆

 続いても、同じく昨日の 【YAHOO!ニュース】 

から以下の記事を。

 

  “ 菅官房長官、秋解散重ねて否定 豪雨で

   河川管理見直しも ”

 

    && 以下引用 && ↓

 

  菅義偉官房長官は2日のNHK番組で、今秋

 の衆院解散・総選挙に否定的な見解を重ねて

 表明した。

 

  秋解散との見方があるとの指摘に対し 

 『安倍晋三首相の判断だが、首相自身が新型

 コロナウイルス対策に全力で取り組んでいる。

 まずは感染防止策に政府を挙げて取り組むこと

 が大事だ』 と述べた。

 

  豪雨対策を巡り、地方分権の観点から、支流

 の管理が都道府県に委ねられている例が少なく

 ない現状を問題視。

 

  改めて、河川管理者の見直しを検討する考え

 を示した。

 

  『ポスト安倍』 を巡る動きについて、

 自民党総裁任期が来年9月であることを踏まえ 

 『正直、早すぎるのではないか』 と指摘

 した。  【共同通信】


    && 引用ここまで && ↑

 

&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

 

 解散・総選挙に関し、改めて否定的な見解を

出す官房長官。

 

 首相自身、どう見てもコロナ対策に取り組んで

いるようには見えないし・・・・。

 

 コロナウイルスのさらなる被害を食い止めよう

としているのであらば、GOTOキャンペーン

自体を中止していなければいけないのでは?

 

 河川管理の見直しも、今の緊縮財政で具現化

する事はあり得ないし・・・・。

 

 政権復帰当初の公約を悉く破棄し、自国民

逆差別に邁進する美しきグローバル左派

政党・自民党・・・・。

 

 

&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

 

    ※ 次編へ続く ↓

 

        ◆被害拡大 「コロナウイルス」 〈106〉 ◆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

コメント