◆82歳逝去 「大林宣彦さん」 ◆

 こんばんは。

 

 本日も 【JUGEM ふるさと川崎 〈4〉 】  

へご来訪頂き、誠にありがとうございます。

 

 あなたとの素敵&有意義な出会いに深謝申し

上げます。

 

¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥

 

 まずは、本日の 【YAHOO!ニュース】 から

以下の記事を。

 

  “ 映画監督の大林宣彦さんが82歳で死去 

   肺がんで闘病中 ”

 

    ¥¥ 以下引用 ¥¥ ↓


  尾道三部作と呼ばれる映画 『転校生』 

 『時をかける少』 『さびしんぼう』 などの

 作品で知られる映画監督の大林宣彦 

 (おおばやし・のぶひこ) さんが肺がんの

 ため、10日午後7時23分、東京・世田谷の

 自宅で亡くなった。

 

  82歳。

 

  葬儀・告別式は親族のみで執り行い、後日

 お別れの会を予定している。

 

  新作 『海辺の映画館 キネマの玉手箱』 

 が今月10日に公開予定だったが、新型コロナ

 ウイルスの感染拡大を受け、公開延期になって

 いた。

 

  新作とともに参加する予定だった2月の尾道

 映画祭も中止になった。

 

  同作は近日公開を予定している。

 

  2016年に肺がんを患い、余命3ヶ月を

 宣告されたが、闘病生活を続けながら映画製作

 を続けてきた。

 

  妻で映画プロデューサーの大林恭子さんと

 最後まで二人三脚だった。

 

  1938年 (昭13) 1月9日、広島県

 尾道市生まれ。

 

  幼い頃から映画に親しみ、成城大時代から

 本格的に映画を撮り始めた。

 

  CMディレクターをへて、1977年 

 『HOUSE』 で商業映画の監督として

 デビュー。

 

  以降は 『ねらわれた学園』 や尾道三部作

 などのヒット作を手掛け、1992年 

 『青春デンデケデケデケ』 で日本アカデミー賞

 優秀監督賞を受賞した。

 

  2004年に紫綬褒章、2009年に旭日

 小綬章を受章。

 

  昨年、文化功労者にも選ばれた。

  【日刊スポーツ】


    ¥¥ 引用ここまで ¥¥ ↑

 

¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥

 

 肺ガンのため、昨日82歳で亡くなった映画監督

の大林宣彦さん。

 

 私が10代の頃に見た 『ねらわれた学園』 

『転校生』 『時をかける少女』 の他、数多くの

名作を輩出。

 

 『転校生』 は主人公の中学生男女の体が突如

入れ替わり、様々な出来事に遭遇するコミカルな

物語で、今なお鮮烈な記憶として残っている作品。

 

 4年前に余命3ヶ月を宣告されるも、最後まで

映画製作に携わり続けた名監督。

 

 どうか、安らかにご永眠下さいますよう。

 

 

¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥

 

    ※ 次編へ続く ↓

 

        ◆ヤマザキ 「おさつメロンパン」 ◆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

コメント