◆ヤマザキ 「コッペパン (メロンクリーム&ホイップ) 」 ◆

 当ブログ週末版、ヤマザキのスイーツレヴュー

記事。

 

 本日のオーラスも前編同様、ロングセラーの

コッペパンシリーズ 

メロンクリーム&ホイップ】 。 ↓

 

 

 

▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇

 

 一口目の断面図。 ↓

 

 

▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇

 

 当商品も拙宅近所の 【デイリーヤマザキ】 

で、119円の一品。

 

 上品な甘さのメロンとホイップのクリーム

2種をサンドし、秋の夜長にデザートして食す

に相応しいお手頃スイーツ。 (笑)

 

 当ブログのお勧め品、ぜひぜひお試し下さい

ませ!!

 

       Z 【 ^ ◇ ^ 】 Z

 

▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇

 

 当ブログは以下のランキングサイトに登録して

おります。

 

 お客様の応援ポチッと、宜しくお願い

致します!! ↓

 

     ブログランキング にほんブログ村

 

     BLOG RANKING 人気ブログランキング

 

     FC2ブログランキング

 

     blogcircle ブログサークル

 

▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇

 

 本日も最後までご覧頂き、誠にありがとう

ございます。

 

 そして、今日も一日お疲れ様です。

 

 どうか、明日もあなたにとって素晴らしき

時間でありますよう。 (祈)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ヤマザキ 「コッペパン (ぶどう) 」 ◆

 続いては週末版として、ヤマザキのスイーツ

レヴュー記事を2本。

 

 まずは、ロングセラーのコッペパンシリーズ 

【ぶどう】 。 ↓

 

 

 

▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇

 

 一口目の断面図。 ↓

 

 

▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇

 

 当商品は拙宅近所の 【デイリーヤマザキ】 

で、119円の一品。

 

 コッペパンに定番のレーズン入りのシュガー

マーガリンをサンドし、食欲の秋に相応しい

お手頃スイーツ。 (笑)

 

 当ブログのお勧め品、ぜひぜひお試し下さい

ませ!!

 

       Z 【 ^ ◇ ^ 】 Z

 

▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇▼◇

 

    ※ 次編へ続く ↓

 

        ◆ヤマザキ 「コッペパン (メロンクリーム&ホイップ) 」 ◆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆厳罰求む 「外人犯罪」 〈4〉 ◆

 こんばんは。

 

 本日も 【JUGEM ふるさと川崎 〈4〉 】 

へご来訪頂き、誠にありがとうございます。

 

 あなたとの素敵&有意義な出会いに深謝申し

上げます。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

 まずは、昨日の 【YAHOO!ニュース】 から

以下の記事を。

 

  “ <熊谷6人殺害> 

   バカバカしい ・・・ 妻子殺害された

   男性、無期懲役確定に悔しさ 

   『ああ、終わっちゃったんだな』 

 

    ◇◇ 以下引用 ◇◇ ↓


  最高裁第1小法廷 (山口厚裁判長) 

 は、埼玉県熊谷市で2015年、小学生2人

 を含む住民6人を殺害したとして強盗殺人

 などの罪に問われたペルー人、

 ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン

 被告 (35) の上告を棄却する決定を

 した。

 

  9日付。

 

  一審の死刑判決を破棄し、心神耗弱を

 認めて無期懲役とした二審東京高裁判決が

 確定する。

 

  妻子3人を失った遺族の男性 (47) 

 が10日、埼玉新聞の取材に応じ 

 『悔しさしか残っていない。今、聞いた

 ばかりで心の整理できない。悔しい』 

 と言葉を絞り出した。

 

  男性は事件で、妻の加藤美和子さん 

 (41) 、長女・美咲さん (10) 、

 次女・春花さん (7) 

 = いずれも当時 = を亡くした。

 

  自分以外の家族を失い、3人に

 対しても 『死刑判決まで持って

 いけなかった後悔がある』 とこぼす。

 

  改めて、一審さいたま地裁の死刑を破棄

 した二審東京高裁判決については 

 『信じられない。裁判官も、検察官も。

 まだ納得できない。バカバカしいという

 感情もある。検察官はなぜ上告して

 くれなかったのか。少しでも望みがある

 なら裁判をやり直してほしかった』 と

 訴える。

 

  日本の司法手続きについても 

 『上告の権利を被害者に与えてほしい。

 二審も書面中心の審理ではなく、一審と

 同じようにやってほしかった』 と指摘。

 

  さらに 『もうちょっと被害者が意見

 できる場を作ってほしい。判決を見て、

 大事なことが書いていないと思った。

 そういうことを裁判官に質問できるよう

 にしてほしい』と求める。

 

  二審判決は、事件当時のナカダ被告が

 心神耗弱だったと認定した。

 

  この点については 『殺人を犯す者は

 少ながらず、まともな状態ではない。

 そのときの精神状態は関係ないと思う』 

 と主張。

 

  一審中には被告が 『人を殺した』 と

 口走る場面もあり 『殺人を犯した自覚は

 あると思う。どこがどう心神耗弱だったのか

 分からない。精神的な部分で争うことが

 おかしいのではないか』 と考える。

 

  今月で事件からちょうど5年が経つ。

 

  16日は家族3人の命日だ。

 

  男性は 『今は何も考えられない。

 ああ、終わっちゃったんだなという愕然と

 した気持ちと脱力感がある。今後のことは

 これから考えていきたい』 と無念の心境を

 語った。  【埼玉新聞


    ◇◇ 引用ここまで ◇◇ ↑

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

 熊谷で発生した一家6人殺害事件で、無期懲役

が確定したペルー人の被告。

 

 小学生の子を2人も殺めておいて、心神耗弱を

理由に死刑判決を破棄するって・・・・。

 

 被害者の遺族からすれば、不条理極まる事は

想像に難くなく・・・・。

 

 日本人・外人の区別なく、凶悪事件には被告へ

の精神鑑定などを一切排斥し、然るべき極刑

もしく終身刑を・・・・。

 

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 
    ※ 次編へ続く ↓

 

        ◆ヤマザキ 「コッペパン (ぶどう) 」 ◆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1