◆2日ぶりの 「周庭釈放」 ◆

 続いては、本日の 【YAHOO!ニュース】 から

以下の記事を。

 

  “ 香港警察が 『雨傘』 リーダー周庭氏

   を保釈 黎智英氏も近く 

 

    ■■ 以下引用 ■■ ↓

 

  香港国家安全維持法 (国安法) 違反の

 容疑で10日に逮捕された著名な民主活動家・

 周庭 (アグネス・チョウ) 氏 (23) 

 が11日深夜、警察から保釈された。

 

  関係者によると、香港紙・蘋果 (ひんか) 

 日報の創業者、黎智英 (ジミー・ライ) 氏 

 (71) も近く保釈される見通し。

 

  国安法は通常よりも厳しい保釈要件を定めて

 いるが、警察当局は2人の逮捕に対する反響の

 大きさを勘案して処遇を決めた可能性がある。

 

  周氏は保釈後、報道陣に 『なぜ逮捕された

 のか、全く理解できない。政治的な弾圧だ』 

 と語った。

 

  周氏は2014年の香港民主化運動 

 『雨傘運動』 のリーダー。

 

  周氏の関係者によると、国安法施行後の

 7月以降、会員制交流サイト (SNS) 

 を通じ、4NAへの制裁や敵対行動を外国

 に求めた疑いが持たれている。

 

  携帯電話や自宅のパソコンなどが押収

 された。

 

  香港政府や4NA共産党への批判的な

 論調で知られる蘋果日報には11日、

 市民による支援の動きが広がっていた。

 

  黎氏の逮捕が報じられて以降、同紙を

 発行する壱伝媒 (ネクスト・デジタル) 

 の株価は11日までに約12倍に急騰し、

 同日朝、一部の店で同紙を買い求める市民

 の行列ができていた。

 

  1人で3、4部購入する市民もいた。

 

  同日付の同紙1面は、警察に連行される

 黎氏の写真とともに 『蘋果 (リンゴ) 

 は絶対に負けない』 の見出しを掲げた。

 

  その下に 『報道機関への捜査は文明

 社会として受け入れられない。政府は

 私たちを脅して黙らせようとしている。

 香港の報道の自由は崖っぷちに立たされて

 いる』 などとする声明を掲載。

 

  通常1日の発行部数は10万部以下だが、

 11日は55万部を発行した。

 

  同紙によると、家宅捜索で編集局に

 入った警察の要員は、机上の取材資料を

 調べるなど捜索令状に含まれない行為を

 したという。  【産経新聞】


    ■■ 引用ここまで ■■ ↑

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 香港の国安法違反で逮捕され、2日ぶりに釈放

された民主化運動グループのリーダー・周庭氏。

 

 2日間、警察の中でどういう目に遭わされた

のか・・・・?

 

 世界中から非難の嵐を浴び、4NA政府が

折れたのか・・・・?

 

 いずれにせよ、再び自由の身になれたのは

何より。

 

 香港問題も含め、政治経済両面において今後

もさらなる攻防が繰り広げられる事は必至の

米支戦争・・・・。

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 当ブログは以下のランキングサイトに登録して

おります。

 

 お客様の応援ポチッと、宜しくお願い

致します!! ↓

 

     ブログランキング にほんブログ村

 

     BLOG RANKING 人気ブログランキング

 

     FC2ブログランキング

 

     blogcircle ブログサークル

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 本日も最後までご覧頂き、誠にありがとう

ございます。

 

 そして、今日も一日お疲れ様です。

 

 明日から始まるお盆休みも、あなたにとって

素晴らしき時間でありますよう。 (祈)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆香港衝撃 「周庭逮捕」 ◆

 こんばんは。

 

 本日も 【JUGEM ふるさと川崎 〈4〉 】  

へご来訪頂き、誠にありがとうございます。

 

 あなたとの素敵&有意義な出会いに深謝申し

上げます。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 まずは、昨日の 【YAHOO!ニュース】 から

以下の記事を。

 

  “ 香港 『雨傘』 リーダー、周庭氏逮捕 

   国安法違反、民主運動家で初 ”

 

    ※※ 以下引用 ※※ ↓

 

  香港警察は10日夜、2014年の香港

 民主化運動 『雨傘運動』 のリーダー

 だった周庭 (アグネス・チョウ) 氏 

 (23) を香港国家安全維持法 (国安法) 

 違反容疑で逮捕した。

 

  周氏逮捕の前には外国勢力と結託して

 国家の安全に危害を加えたなどとして

 香港紙・蘋果 (ひんか) 日報の

 創業者・黎智英 (ジミー・ライ) 氏 

 (71) や同紙社長ら少なくとも9人を

 同法違反などの容疑で逮捕した。

 

  6月30日に施行された国安法の違反

 容疑で民主化運動の主要人物が逮捕された

 のは初めて。

 

  『国安法による弾圧』 (民主派) 

 が本格化し、主要メンバーの逮捕が相次ぐ

 恐れがある。

 

  周氏の詳しい容疑は明らかになって

 いない。

 

  周氏は雨傘運動の際、民主化運動の 

 『女神』 と称された。

 

  流暢 (りゅうちょう) な日本語を

 使い、香港民主化運動の理解を求める

 講演を日本で行ってきた。

 

  また、黎氏が創業した蘋果日報は香港

 政府や4NA共産党への批判的な論調で

 知られる。

 

  警察は10日、同紙を発行する壱伝媒 

 (ネクスト・デジタル) 本社を家宅捜索

 した。

 

  黎氏の息子2人も逮捕された。

 

  この日の捜査は香港警察内に設けられた

 国安法部門が指揮した。

 

  実業家の黎氏は香港民主化運動の有力な

 支援者。

 

  黎氏は昨年、米国でペンス副大統領や

 ポンペオ国務長官らと面会。

 

  中国当局は反政府デモの 『黒幕』 

 『民族のクズ』 

 『米英の走狗 (そうく) 』 などと

 非難していた。

 

  黎氏は国安法施行前の6月下旬、産経

 新聞のインタビューに 『国安法により

 一国二制度の香港は死に至る』 と述べ 

 『私は (同法違反容疑で) 逮捕、収監

 されるだろう。公判では法治と自由の

 重要性を訴えていく』 と語っていた。

  【産経新聞】


    ※※ 引用ここまで ※※ ↑

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 昨日、警察に逮捕された香港民主化運動

グループのリーダー・周庭氏。

 

 これはもう、4NAの強硬政策が招くべく

して招いた不幸。

 

 アメリカのみならず、1997年に香港を

返還したイギリスも、何らかの国家制裁に

踏み切るのでは?

 

 なぜか、この状況にダンマリを決め込む

日本の既存メディア。

 

 今後も、切に願う無事な帰還・・・・。

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 
    ※ 次編へ続く ↓

 

        ◆20人負傷 「アメリカ発砲事件」 ◆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆死者10人 「福建省ビル倒壊」 ◆

 こんばんは。

 

 本日も 【JUGEM ふるさと川崎 〈4〉 】  

へご来訪頂き、誠にありがとうございます。

 

 あなたとの素敵&有意義な出会いに深謝申し

上げます。

 

><><><><><><><><><><><><><><><><

 

 まずは、昨日の 【YAHOO!ニュース】 から

以下の記事を。

 

  “ 隔離ホテル倒壊、10人死亡 改装工事が

   原因か? 4NA ”

 

    >< 以下引用 >< ↓

 

  4NA福建省泉州市で7日夜、新型コロナ

 ウイルス感染者と濃厚接触した人の隔離施設として

 使われていたホテルの入るビルが倒壊した事故で、

 4NA政府は8日午後4時 (日本時間同5時) 

 までに10人の死亡を確認したと発表した。


  取り残された71人のうち、48人が運び出され

 残る23人の捜索が続いている。

 

  この他、9人は自力で脱出した。

  8日記者会見した市の説明によると、倒壊した

 ビルは2013年に建設された高さ22メートルの

 7階建て。

 

  4〜6階を占める66部屋のホテルは2018年

 に開業した。

 

  事故発生時、ホテルにいた経過観察対象者は

 58人で、ウイルス検査では全員陰性だったと

 いう。

  ビルは7日午後7時 (同8時) すぎに突然

 倒壊。

 

  4NAメディアによると、倒壊する3、4分前に

 1階で改装工事をしていた業者がビルのオーナーに

 電話で 『柱が変形した』 と伝えていた。

 

  ビルはもともと、天井のない吹き抜けだった

 2〜6階部分を増築したことで、設計時より建物が

 重くなっていたとの指摘もある。

 

  地元当局はオーナーの身柄を拘束し、原因を

 調べている。  【時事通信】

 

    >< 引用ここまで >< ↑

 

><><><><><><><><><><><><><><><><

 

 コロナウイルス濃厚接触者の隔離施設として

使用中のビルが倒壊し、10人が亡くなった

4NA・福建省。

 

 同国内で感染者が増えている最中、追い討ちを

かけるかのような事故。

 

 まさしく、弱り目に祟り目。

 

 まぁ、手抜き工事や違法建築は彼の国のお家芸

でもあるし・・・・。

 

 私の勝手な邪推ながら、今回の事故が4NA

凶惨党崩壊の予兆と化す可能性もあるの

では・・・・?

 

 

><><><><><><><><><><><><><><><><

 

    ※ 次編へ続く ↓

 

        ◆被害拡大 「コロナウイルス」 〈38〉 ◆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1